いけぶくろねっと
書店アニメ
CDshop楽器屋
映画館劇場
ライブハウス
学びリンク
スポーツ用品
 ボーリング場
美術館・博物館
図書館
学校リンク集
大学
NPO・ボランティア
交通機関
天気予報
豊島区選挙データ
豊島区議
豊島区の外国人
デパート・大型店
豊島の名品・名産
ホテル・旅館
貸し会議室
100円shop金券shop cat-cafe
PCSHOP
 囲碁・将棋
新聞都内版
池袋関連書籍
みらい館大明
 pc-講座
池袋ブログ
E-mail
イベント ビデオ 52回ふくろまつり(2019) 縁  リンク
2019 秋祭りNew
2019 池袋演劇祭
いけぶくろねっとについて 池袋西口エスニックマップ
Web www.ikebukuro-net.jp

池袋情報
   2021年 1月

バックナンバー
2002年9月~
Ikebukuro Guide
 池袋関連本
とっぴい 豊島の選択

いまできること 災害支援

2018年7月豪雨緊急災害支援募金
Google クライシスレスポンス 原発事故の食品への影響
 

2021年 1月 15日金)

 池袋を俯瞰する展示会 『池袋への道―近世の歴史資料、池袋モンパルナス、森山大道』 芸劇・郷土資料館・鬼子母神

 東京芸術劇場と豊島区による『池袋への道―近世の歴史資料、池袋モンパルナス、森山大道』展覧会が1月23日から2月28日に、東京芸術劇場の2つのアトリエと豊島区郷土資料館、そして雑司が谷の鬼子母神で開催される。
 芸劇会場ではアトリエウエストで1章 森山大道[森山大道の写真作品100余点。中国系および台湾系移民のコミュニティの映像。
 2章 芸劇アトリエイーストで『戦後池袋―混沌の記憶と子ども』で戦後すぐの光景を描いた作品から、10年代にかけての復興の在りようがうかがえる鶴田吾郎さんや高山良策さんなどの作品。
 3章 豊島区立郷土資料館企画展示室で、『池袋モンパルナス、大正、明治、江戸』で小熊秀雄、麻生三郎、萬鉄五郎、川上凉花、田中恭吉、鹿子木孟郎、そして江戸傍近図…など。
4章 『鬼子母神堂[特別会場]』1578年の創建から現在に至るまで、鬼子母神堂と奉納された絵馬たち。
■東京芸術劇場 https://www.geigeki.jp/performance/event274/
■豊島区 https://www.city.toshima.lg.jp/128/museumgroup-exhibition-r02-01.html
       

2021年 1月 14日(木)

 ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」 ブリリアホールで18日から

 池袋のブリリアホールで1月18日からブロードウェイミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」が始まる。もとはイギリスの人気コメディグループの1975年の映画「モンティパイソン・アンド・ホーリーグレイ」をベースにしてコメディ・ミュージカルで、これまでも日本で2012年と2015年に上演されている。
 出演は山田孝之さん、賀来賢人さん、小関裕太さん、三浦宏規さん、矢本悠馬さん、、新妻聖子さんなど、脚本はエリック・アイドル、音楽ジョン・ドゥ・プレ、エリック・アイドル、上演台本・演出 福田雄一さん。
 なお18日から2月9日の夜の公演は、緊急事態宣言に伴い、18時開演を17時開演に変更されている。東京公演は1月18日から2月14日まで、その後大阪、福岡を巡演する。
■東京建物ブリリアホール https://toshima-theatre.jp/
■モンティ・パイソンのSPAMALOT https://www.spamalot.jp/
 

2021年 1月 13日(水)

 六義園・旧古河庭園、上野動物園も2月7日まで休み 東博・科学博は予約制で開館

  たまには気晴らしに都内で散策に何処かに。でも、都立の施設は2月7日まで休みとなっているところが多い。近くの「六義園」、「旧古河庭園」、そして文京区の「小石川後楽園」を含む都立9庭園や都立の図書館なども休み。ただ、都立だが「光が丘公園」、「城北中央公園」などの公園は開園中、両国の「江戸東京博物館」も平常開館中。
 ちっと足を延ばして上野の「国立東京博物館」、「国立科学博物館」は事前予約制で開館している。東京国立近代美術館など他の国立の施設の多くは通常とおりに開館している。なお「国立西洋美術館」は館内設備整備中のため2022年春まで休館中。
 豊島区の施設は、地域文化創造館は夜間利用(17時半から)の貸出休止、図書館、体育施設閉館時間を20時に変更。また区立の「としまみどりの防災公園」、「池袋西口公園」、「南池袋公園」の3公園も閉園時間を「20時」に変更している。なお「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」と「熊谷守一美術館」は通常開館中。
 多くの民間の美術館などは休止することなく開館中している。その情報はDNP大日本印刷が運営している「artscape」サイトが詳しい
■都立庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html
■都立公園 https://www.tokyo-park.or.jp/index.html
■東京江戸博物館 https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
■国立東京博物館 https://www.tnm.jp/
■国立科学博物館 https://www.kahaku.go.jp/
■豊島区施設  http://www.city.toshima.lg.jp/999/kenko/covid19/2101051659.html
■トキワ荘マンガミュージアム https://tokiwasomm.jp/
■artscape https://artscape.jp/exhibition/schedule/exhi_schedule_result.php?area=8

2021年 1月 12日(火)

 芸劇で 東京のオーケストラ8楽団で名曲演奏会  チケットは低額

 池袋の東京芸術劇場で1月20日から3月中旬に東京の8つのプロオーケストラの演奏会を開催される。「2021都民芸術フェスティバル」のオーケストラ・シリーズで入場料が2,000円から4,000円と低い費用となっている。登場する指揮者はベテランの高関健さんなどから新進の石崎真弥奈さん、太田弦さん、そして協奏曲のソリストにもベテランの前橋汀子さんから新人の佐藤晴真さんなど出演する。、
 1月20日は「東京シティフイル」でショパンのピアノ協奏曲、ショスタコーヴィチの「革命」、ピアノは横山幸雄さん、指揮は高関健さん。
 続いて、2月2日は「東響」でヴァイオリン/前橋汀子さん、指揮/原田慶太楼さん。2月4日は「読響」でピアノ/小山実稚恵さん、指揮/沼尻竜典さん。2月10日は「東フィル」、指揮/渡邊一正さん、チェロ/佐藤晴真さん。2月15日は「都響」、指揮/梅田敏明さん、ピアノ/仲道郁代さん、2月24日「新日フィル」でバイオリン/徳永二男さん、指揮は石崎真弥奈さん。3月15日、「N響」でバイオリン/松田理奈さん、指揮/キンポー・イシイさん。3月17日は「日フィル」、指揮/太田弦さん、ピアノ/伊藤恵さん。
■都民芸術フェスティバル https://tomin-fes.com/index.html
■日本演奏連盟 http://www.jfm.or.jp/concert/?m=detail&l=41&d=2068

2021年 1月 8日(金)

 豊島区 成人の日のつどい オンライン開催に変更

  豊島区は1月8日、1月11日に東京建物Brillia HALL(区立芸術文化劇場)で開催予定だった「成人の日のつどい」の会場での開催を中止し、YouTubeによる会場からのライブ配信のみで開催すると発表した。
 オンライン配信に変更したのは<国及び東京都から、成人式はオンラインあるいは延期するよう呼びかけ>があったためだそうだ。オンライン配信は1月11日(祝・月曜日)の正午~13時(予定)で内容は、豊島区長と豊島区議会議長の祝辞、そして「新成人の誓いの言葉」、そして<音楽のプレゼント>の予定。オンライン配信ページは11日までに、区ホームページにURLを掲載される。
 なお新成人は、すでに送られた「成人の日のつどいご案内はがき」でサンシャイン水族館の無料入場とIKEBUS の一日乗車、そして映画の無料鑑賞ができる。
■豊島区「成人の日のつどい」https://www.city.toshima.lg.jp/133/bunka/shogai/documents/1908271612.html

2021年 1月 8日(金)

 豊島区のIKE・Biz 区民センターなど夜は休館 図書館は8時まで・・

  中央政府の緊急事態宣言による、豊島区は区立施設での宣言期間中の対応を公表した。基本的には国および東京都の対応方針に準拠しての対応となっている。
 IKE・Biz 区民センター(会議室・スタジオ)、地域文化創造館、心身障害者福祉センター 、区民集会室などは夜間貸しの休止となる。
 区立体育施設、区立図書館みらい館大明は閉館時間を20時に変更。
 としまみどりの防災公園、池袋西口公園、南池袋公園の3公園は20時に変更し、園内のカフェも20時閉店となる。
 東京建物 Brillia HALL、区民センター(多目的ホール・小ホール)は、感染症対策を実施のうえ国及び都の劇場に関する要請に沿って営業する。
 子どもたちに関連しては、区立小中学校はほぼこれまで通りで給食も実施し、子どもスキップ(学童クラブ)、校庭開放(児童の遊び場開放)は実施する。ただし部活動は休止される。
■豊島区立施設など https://www.city.toshima.lg.jp/999/kenko/covid19/2101051659.html
■豊島区立学校 https://www.city.toshima.lg.jp/347/2101061320.html
■新型コロナデータ https://covid-19.nec-solutioninnovators.com/tableau

2021年 1月 7日(木)

 芸劇で 二兎社『ザ・空気 ver. 3 そして彼は去った…』、文化座『ハンナのカバン』

 1月の東京芸術劇場の「シアターイースト」、「シアターウエスト」の2劇場の芝居は面白そうだ!! 
 「シアターイースト」では二兎社の『ザ・空気 ver. 3 そして彼は去った…』公演。混迷を深める社会状況や現実の政治とシンクロさせ、今の日本の”空気”を体感できる舞台で権力によるメディア支配の“総仕上げ”として、報道の自己規制が再生されている様子を描く。出演は佐藤B作さん、和田正人さん、韓英恵さん、金子大地さん、神野三鈴さんで作・演出は永井愛さん。1月8日から1月31日まで28回公演。
 「シアターウエスト」では、1月9日から17日に劇団文化座の音楽劇「ハンナのカバン」公演がある。この芝居は東京にあるホロコースト教育資料センターに「ハンナ・ブレイディ、1931年5月16日生まれ、孤児」と書かれたカバンの展示からの物語。原作はカレン・レヴィン、演出は西川信廣さん、音楽劇で演奏される曲は46曲で音楽は上田亨さん。作詞は宮原芽映さん、出演は白幡大介さん、姫地実加さん、高橋美央さんなど文化座座員。なお文化座ではオンライン配信を実現するためにクラウドファンディングで支援を呼び掛けている。
■二兎社 http://www.nitosha.net/#news
■劇団文化座 http://bunkaza.com/
■劇団文化座クラウドファンディング https://readyfor.jp/projects/48109
■ホロコースト教育資料センター https://www.npokokoro.com/

2021年 1月 6日(水)

 豊島区 新型コロナウイルスワクチン接種の準備を始める

  豊島区役所は1月5日に、池袋保健所内に新型コロナウイルスワクチンを接種を推進する担当課を1月15日に設置すると発表した。担当課は課長1名、係長2名、職員4名の7人体制。まだ東京で他の区では設置されていないようだ。
 日本で新型コロナウイルスワクチンをいつ、どのワクチン承認するかはまだ不明だ。しかしすでに、厚生労働省は12月18日に自治体向けの説明会を開催していた。その説明会「新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保について」で配布された文章にによると、<国の指示のもと、都道府県の協力により、市町村において予防接種を実施。市町村は住民向けの接種体制を構築し、接種を希望する方は原則、居住地(住民票所在地)の市町村で接種を受ける。接種場所は、医療機関、市町村が設ける会場いずれでもできる。>としている。実際にワクチン接種を行う、保健所や医療機関はまた忙しくなるか・・
■豊島区 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/r0301/2101051749.html
■厚生労働省説明会 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15608.html
■厚生労働省ワクチン情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

2021年 1月 5日(火)

 東京 新型コロナ感染者 20代が17,764人 10万人当たり452人

 新型コロナの感染者数が増加し、不安感が高まっている。東京の感染者数は累計で62,590人(1月3日現在)で10万人当たりの452.82人(20/01/15~21/01/03)で、都道府県別で最高値となっている。次に高いのは沖縄県で376.45人、続いて大阪府は349.16人となっている。
 ここ1週間での10万人あたりの感染者数は(20/12/28 ~ 21/01/03)では東京は43.63人、次は神奈川県の32.29人、3番目は京都府で26.93人となっている。(出典NECソリューションイノベータ)
 東京都の感染者数は62,590人で10万人当たりの感染者数は452.82人となっているが。特別区23区別では豊島区は564人(1月4日現在)都全体より多くなっている。隣接区の新宿区は1331.6人、中野区は683.1人、練馬区は361.76人、板橋区は381.02人、北区は369.02人となっている(出典東京新聞コロナデータ)。
 東京都での感染者年代別では、20代が最高値の17,764人、次が30代の12,817人、40代 9,643人、50代 7,822人と若い人が多くなっている。10代は2,791人で、60代や70代より少ない。図は東京の年代別感染者数グラフ。(出典東京新聞コロナデータ)
 ロイター通信によると世界の感染者は85,173,000人、そして1,846,000人が死亡したと報告されている。
■東京新聞コロナデータ https://www.tokyo-np.co.jp/article/24233
■NECソリューションイノベータ https://covid-19.nec-solutioninnovators.com/
■東京都 最新感染動向 https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
■ロイター https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/
 

2020年 12月 28日(月)

 都立の上野動物園 葛西臨海水族園 六義園などは1月11日までお休み

  東京都は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止対応のために、都立の上野動物園、葛西臨海水族園などの全て動物園・水族園、有料庭園の六義園、小石川後楽園など、そして都立図書館も2021年1月11日まで臨時休園する。ただし上野動物園はなどは12日が通常の休演日なので12日まで休園する。
 新宿の都庁舎45階の展望台も11日まで休室となっているが「初日の出」は6時40分から7時15分までオンライン配信が行われる。
 池袋にある池袋防災館(池袋都民防災教育センター)も11日まで休館、東京芸術劇場は3日まで休館で4日から開館する。
 豊島区の施設などは通常の年末年始体制で、区役所などは例年通り4日か5日から始まる。「あうるすぽっと」「区民センター」などは4日から、図書館は5日か6日からとなっている。豊島区の「成人の日のつどい」を例年通り1月11日に東京建物 Brillia HALL(区立芸術文化劇場)で開催される。
■都立施設 年末年始 https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/information/event00.html
■都庁展望台 https://www.yokoso.metro.tokyo.lg.jp/tenbou/index.html
■豊島区年末年始 https://www.city.toshima.lg.jp/012/kuse/koho/kohoshi/backissue/h31/documents/20201221_1.pdf
■豊島区「成人の日つどい」https://www.city.toshima.lg.jp/133/bunka/shogai/documents/1908271612.html

2020年 12月 25日(金)

 正月営業大型店 遠くに行かない正月は ゆっくり近場で

 新型コロナで遠くに行かない正月。そんなときの散歩のついでに、気晴らしに、混雑を避けつつ池袋で買い物、ウィンドウショッピング・・。
 元旦から開店しているのは、池袋東口が多く「西武池袋(店内の書店「三省堂池袋本店」も)」、駅前地下の「池袋ショッピングパーク」、「ビックカメラ」、「サンシャインシティ(水族館・ナンジャタウンも営業)」、「ドン・キホーテ」、「BOOKOFF」、西口では「ビックカメラ西口店」のみ営業。
 2日から池袋のほとんどの大型店は営業を開始する。東口では「パルコ池袋」、「ヤマダ電機」、「ジュンク堂池袋本店」、「東急ハンズ池袋店」。西口では「東武百貨店池袋店」、「ルミネ池袋」、「東武ホープセンター」、「エソラ池袋」、来年8月に閉店するという「マルイ池袋」など。
元旦営業
 〇池袋西武 https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1236777.html
 〇サンシャインシティ https://sunshinecity.jp/news/entry-12058.html
 〇ビックカメラ https://www.biccamera.co.jp/shopguide/news/newyear/2020-2021/index.html
 〇池袋ショッピングパーク http://www.web-isp.co.jp/index.html
 〇三省堂池袋本店  https://www.books-sanseido.co.jp/shop/ikebukuro_honten/
 〇ドン・キホーテ  https://www.donki.com/
2日から営業
 〇東武百貨店池袋店  http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/2887/
 〇東武ホープセンター http://tobuhopecenter.jp/shop-topics/notice/post-1063.html
 〇ルミネ池袋  https://www.lumine.ne.jp/newyear.php
 〇マルイ池袋 https://www.0101.co.jp/048/store-info/fair.html?article_id=34287&from=01_pc_st048_top_pc-left
 〇エソラ池袋  https://www.esola-ikebukuro.com/article/2020/12/10962
 〇パルコ池袋  https://ikebukuro.parco.jp/pnews/detail/?id=9529
 〇ヤマダ電機日本総本店池袋 https://www.yamada-denki.jp/store/contents/?d=7
 〇ジュンク堂池袋本店  https://honto.jp/store/detail_1570019_14HB320.html
 〇東急ハンズ池袋店 https://ikebukuro.tokyu-hands.co.jp/

2020年 12月 24日(木)

 羽田新ルートについて 品川区で住民投票の条例 25日に採決 条例に区長の反対意見 

 今年の3月末から池袋の上空を通過する旅客航空機をたびたび目撃するようになった。この航空機は3月29日からの羽田空港への新しい飛行ルートで、南風時の15時から19時で、想定されているのは1時間あたり30便で、そのうちの天気が良い時であれば一日90便が豊島区の上空を通過する。
 この羽田新ルートについて、羽田に近い品川区は低空飛行で騒音による影響、落下物による事故などで大きく影響を受けている。しかし、品川区の有志区民は「国は新飛行ルートの実施にあったて<地元の理解を得た>としているが、新飛行経路の決定プロセスにおいて、住民の賛否の意思を確認していない。」として、区民に賛否を問う「区民投票」を実施する条例を制定を請求した。
 この条例は区民の有志グループが必要数の約三倍に当たる20,760人分の署名を集めて請求した。区民が条例を制定を要請することができる地方自治法第74条の規定で、住民が有権者の50分の1の署名をもって、条例の制定(または改廃)を首長に請求できる制度。
 浜野品川区長はこの条例に付記した意見は、条例に反対でその理由は、既に区議会や区長が国に落下物対策や騒音軽減の取り組みなどを求めていることや、投票に約一億五千万円の経費がかかる、「新ルートは国の決定事項」であることなどを付記している。
■品川区民の直接請求 https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kuseizyoho/kuseizyoho-koho/kuseizyoho-koho-sonota/20201119093227.html
■品川区 新飛行ルート住民投票条例 https://gikai.city.shinagawa.tokyo.jp/katsudou/honkaigi-schedule/r02_03r/r02_03r
■国土交通省 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/action/
 

2020年 12月 23日(水)

 豊島区の年末・年始の医療機関への支援  都の支援に上乗せ支給

  豊島区は、年末年始(12月29日~1月3日)に病院や医院が休診することなく患者を受け入れることができるように、東京都の「「協力金」に上乗せして支援金を支給する。
 東京都の「協力金」(基本:4時間当たり15万円)に、豊島区が上乗せして区独自の「協力金(基本:4時間当たり20万円)」を支給する。(豊島区診療体制確保協力金
 ただ、この年末年始に診療・検査を行う医療機関は、一般に公表されず、<発熱等の症状が生じた人がかかりつけ医が居ない場合など相談先に迷った場合、東京都発熱相談センター(電話番号:03-5320-4592、受付時間:24時間、土日祝日を含む毎日)に連絡し、そこからご紹介される>病院・医院。
 この支援金の一部は、豊島区が募っている『コロナに負けるな!としま』医療・福祉支援寄附金も活用される。この寄付金は6月1日から開始し、11月30日現在寄附金の総額は18,844,804円となっていて、12月28日まで募集中で。
 また、東京都は12月21日の「知事記者会見」で、新たに年末年始に患者を受け入れる医療機関に対して、重症患者について1人につき、1日30万円軽症・中等症の患者さん1人につき1日7万円を支援を行うと発表している。
■豊島区診療体制確保協力金 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/r0212/2012221007.html
■豊島区医療・福祉支援寄附金
https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/r0212/2012221007.html
■東京都 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/shienkin.html
■都知事記者会見12月21日 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2020/12/21.html

2020年 12月 22日(火)

 豊島区での 新型コロナ感染者の人数・年令・性別 10万人あたり478.56人

 豊島区役所が豊島区での新型コロナの感染者について、独自のデータの公表を12月9日からはじめた。東京都の自治体別の公表データは感染者数に限定されているが、3月からの週別陽性者数推移、性別、年代、国籍 感染経路、PCR検査数のデータを公表している。3月から11月の区内の医療機関でのPCR検査数9,183件。
 12月9日の公表データによると、3月から11月の陽性者数は1,191人でその内女性は40%、男性60%。年齢別では20代は38.7%、30代23.7%、40代13.3%、50代9.2%、60代5.2%。感染経路は、家族から17.1%、会食・会合12.3%、職場9.8%、接待を伴う飲食6.7% そして不明は49.3%となっている。
 12月16日の公表データは3月から週別の感染者数推移の棒グラフで 最低は3月16日の週のゼロ、最高値は11月30日の週で104人となっている。(図は12月16日の豊島区の陽性者数推移)
 こうしたデータとは異なるが、東京新聞のWEB版に日々更新のコロナデータページがある。そこに人口10万人当たりの感染者数をグラフにしたページがある。豊島区は累計感染者数は2020年12月20日時点で1,389人で豊島区人口290,246人で、10万人当たり478.56人となっている。このグラフで23区で最高値は新宿区で感染者数4,081人、10万人当たり1171.18人最小値は江戸川区で感染者数は1,874人で10万人当たり267.68人で新宿のより900人ほど少ない。
■豊島区新型コロナデータ https://www.city.toshima.lg.jp/013/2009161221.html
■東京新聞コロナデータ https://www.tokyo-np.co.jp/article/24233
■東京都 最新感染動向 https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

2020年 12月 21日(月)

 小田島雄志・翻訳戯曲賞 沈池娟 世田谷パブリックシアター 新国立劇場シェイクスピア歴史劇シリーズ

  英文学者の小田島雄志さんの名前を冠にした「小田島雄志・翻訳戯曲賞」の受賞者が発表された。受賞者は「沈池娟(シム・ヂヨン)」さんで<李(イ)ボラム作「少年Bが住む家」>の翻訳に、そして「世田谷パブリックシアター」での<フリードリヒ・シラー作・スティーブン・スペンダー上演台本・安西徹雄訳・森新太郎演出「メアリ・スチュアート」>の上演に、特別賞は「新国立劇場シェイクスピア歴史劇シリーズ」の上演の3組。表彰式は1月に行われる予定。
 賞の名称の小田島雄志さんは、東京芸術劇場館長豊島区の芸術顧問の経歴などで豊島区と関係が深く、劇場「あうるすぽっと」に小田島雄志・翻訳戯曲賞の事務局が置かれいている。第1回から10回までは選定は小田島雄志さん個人が行い、11回からは実行委員会が行い、個人の翻訳に加えて上演団体も受賞対象に加えられた。
 この賞は出版社などのスポンサーが主催するものではなく、賛同者の寄付により運営されてる。
■小田島雄志・翻訳戯曲賞 https://sites.google.com/view/odashimaaward/
■あうるすぽっと https://www.owlspot.jp/

2020年 12月 18日(金)

 池袋で 統合・閉店が続く 銀行 牛丼店 カメラ店

 池袋の2大銀行の移転統合がすすんでいる。駅前に大型店舗を展開している「みずほ銀行」が、池袋支店・池袋西口支店、そして板橋の大山支店が、豊島区役所跡に建設された「ハレザ池袋オフィス棟」の同じフロアに移転する。
 そして「三菱UFG銀行」は池袋支店(東口駅前)、池袋西口支店、東長崎支店はの3店舗はグリーン大通りの池袋東口支店内に移転している。ただ3大バンクの一つの「三井住友銀行」の池袋支店と池袋東口支店は移転せず営業中。
 ATMが各所に設置されているので銀行の移転で日常生活には不便を感じることはないが、街の商店などはにとっては不便になるだろう。
 そのほかで話題になっているのは、池袋の代表的な大型店「ビックカメラ」の「池袋東口カメラ館」(1992年開店)が2021年1月11日に閉店予定で、いま閉店セール中。
 そして牛丼店の「松屋」が池袋の7店舗のうち池袋西口店(駅前)など3店舗を12月30日に閉店する。ライバル視されている「吉野家」は閉店なしで西口2店、東口1店で営業中。
■みずほ銀行 https://shop.www.mizuhobank.co.jp/b/mizuho/info/BA339787/
■三菱UFG銀行 https://map.bk.mufg.jp/b/bk_mufg/info/BA590255/
■ビックカメラ https://www.biccamera.com/bc/i/shop/shoplist/shop006.jsp?ref=gmb
■松屋 https://pkg.navitime.co.jp/matsuyafoods/spot/list/map?address=13116&search=address
 

2020年 12月 17日(木)

 豊島区のオーケストラとブラスバンド 新春演奏会 1月9日と10日

  新春の1月9日と10日に池袋東口の「東京建物Brillia HALL」で豊島区吹奏楽団と豊島区管弦楽団のコンサートがある。
 9日(土)は午後5時から豊島区吹奏楽団の演奏会、テーマは<『世界の車窓から』をテーマに、厳選された国のイメージをそのままに旅のひと時を吹奏楽で表現>する1部はドボルザークのスラブ舞曲、ケテルビーのペルシャの市場にてなど。2部はD.ブージョアの「コッツウォルド・シンフォニー(交響曲第6番)」。指揮は常任指揮者の大釜宏之さん。 なお、本公演は有料でライブ配信される。
前売:一般1,000円/中学生以下500円 当日:一般1,200円/中学生以下700円
ライブ配信)一律1200円(システム運用費220円別途)https://ima-ticket.com/ 
 10日(日)午後2時か豊島区管弦楽団演奏会、曲はシュトラウス二世「美しく青きドナウ」などウィンナーワルツ、後半はマーラーの交響曲1番「巨人」。指揮は常任指揮者の和田一樹さん。入場料1000円。
 両楽団とも豊島区・豊島区教育委員会によって、豊島区管弦楽団は1975年、豊島区吹奏楽団は1976年に設立された歴史あるアマチュア楽団。
■豊島区吹奏楽団 http://www.toshima-wind.org/concert_info/
■豊島区管弦楽団 http://toshima-orch.music.coocan.jp/concert.html

2020年 12月 16日(水)

 ミシュラン 一つ星2軒 ビブグルマン9軒 豊島区には11軒

 「ミシュランガイド東京2021」が発売された。豊島区で『一つ星』は、南大塚のラーメンの「創作麺工房 鳴龍(なきりゅう)」と目白の日本料理・和食の「南雲(なぐも)」の2軒。
 『ビブグルマン』との評価されたのは巣鴨の手打そば 「菊谷(きくたに)巣鴨本店」。大塚には3軒あり、居酒屋の「竹政(たけまさ)」と「串駒(くしこま)本店」、そしておでんの「串駒房(くしこまぼう)」。北池袋では日本料理の「ねぎま」。池袋には2軒で西池袋のフレンチ「シュヴァル ドゥ ヒョータン」。東長崎のラーメン「カネキッチン ヌードル」。南長崎の寿司の「松野寿し」。目白の洋食の「旬香亭(しゅんこうてい)」。
 一つ星は「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」との評価で、星なしでも「価格以上の満足感が得られる料理」を出す料理店は「ビブグルマン」評価されてい)(写真は昨年までビブグルマンだったタイ料理店「ブリック」(訂正12/18「ブリック」を削除))
■ミシュランガイド https://www.michelin.co.jp/michelin-guide/japan
■クラブミシュラン https://clubmichelin.jp

2020年 12月 15日(火)

 山下達郎「Special Acoustic Live展」 池袋パルコで 18日から

 クリスマスシーズンには山下達郎の「クリスマス イブ」の<きっと君は来ない・・サイレントナイト、ホーリーナイト・・>のメロディーが・・。その山下の映像や使用した楽器などの展示会「山下達郎Special Acoustic Live展」が池袋パルコで開催される。
 会場は池袋パルコ本館7階”PARCO FACTORY”で、会期は12月18日から2021年1月4日(元旦休館)。これまでに9月から仙台・福岡・札幌でも開催されていて、これから開催される東京・大阪・名古屋会場ではこれまでの展示品に新たな展示品が追加されている。
 展示品は山下の<アコースティックライブで初公開の貴重なライブ映像上映や、ライブで着用した衣装、レコーディングに使用したギターなど>と新たにドラムセット、「山下達郎 PERFORMANCE 2019」ステージセットのフォトスポット、「クリスマス・イブ」ヒストリーコーナーが追加される。
 入場料は前売り券2,000円(ノベルティ付)/当日券2,300円
■池袋パルコ https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=400
■山下達郎  https://www.tatsuro.co.jp/

2020年 12月 14日(月)

 今年の芸劇でのベートーヴェン第9《合唱》演奏会 読響3回 日フィル2回

 今年の東京芸術劇場でベートーヴェンの交響曲第9《合唱》の演奏会は、読売日本交響楽団が3回、日本フィルハーモニーが2回での演奏会で計5回となった。コロナの影響で10月ごろには予定されていた東京都交響楽団の1回と日本フィルの1回が中止になっている。2019年12月にはプロの演奏会が10回あったので半分となっている。
 読響は12月16・19・20日で、指揮をするセバスティアン・ヴァイグレさんとソリストの2人は、入国後14日間隔離を経ての出演となっている。コーラスは新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)の40名が出演する。
 日フィルは12月26・27日で、指揮はコバケン(小林研一郎)さん、コーラスは二期会合唱団が担当する。
 中止になったのは24日のアラン・ギルバートさん指揮の都響、25日の日フィル演奏会。
■東京芸術劇場 https://www.geigeki.jp/event_calendar/ 
■読売日本交響楽団 https://yomikyo.or.jp/2020dai9.php
■日本フィル https://japanphil.or.jp/gotocampaign

2020年 12月 11日(金)

 池袋エリアで『なんか面白いこと』提供する社員に特別手当 サンシャインシティ

  池袋のランドマーク「サンシャインシティ」を運営する株式会社サンシャインシティが、豊島区に住み、区民目線での活動の意思を表明した社員を「トシマージュ」と名づけ「豊島区民手当」を給付を10月から始めた。
 株式会社サンシャインシティは、2020年4月に「池袋エリアにおいて、-中略-地域と社会に『なんか面白いこと』を提供すること」をミッションと定め、「まちづくり推進部」を設置した。
 この手当は始めたのは、このミッションの実現には、<全社員が街へ出て、街を知り、街に暮らす人を知ること>が重要で、当社社員としてだけではなく、豊島区民として住民目線での情報収集やネットワークの構築も必要>だとの考えだそうだ。
 12月現在この「トシマージュ」として活動しているのはサンシャインシティとグループ会社で14名が活動している。手当は月2万円強となっている。
■サンシャインシティ https://co.sunshinecity.co.jp/press-room/news-release/2020-12-08-2.html?year=2020
■トシマージュ http://co.sunshinecity.co.jp/archives/007/202012/21c42c8e720298067b4378fea48daabb.pdf

2020年 12月 10日(木)

 神田伯山 講談「宮本武蔵」5日間通し公演 あうるすぽっと

 東池袋の「あうるすぽっと」劇場で1月6日から、講談師神田伯山さんによる「寛永宮本武蔵伝」の通し公演がある。公演は5日間通しで、A日程が1月6日から10日まで、B日程は1月12日から16日で、A日程・B日程とも同じ演目での通し公演となっている。
 最初の6日は前夜祭としてお楽しみ、初日の7日は1話の偽岸流、2話 道場破り、3話 闇討ち、4話 狼退治の4話で、最終日は14話 甕割試合、15話 山田真龍軒、16話 下関の船宿、17話 灘島の決闘と毎回4話が公演される。
 神田伯山さんは、今年2月に真打に昇進して「第6代神田伯山」を襲名した若手で人気の講談師。今年の1月には伯山襲名前の神田松之丞時代に『畔倉重四郎』の5日間にわたる全19話を「あうるすぽっと」で公演し、その録画がユーチューブで100万回以上視聴されている。
 全席指定・通し券(前夜祭+完全通し公演)料金17,500円 24歳以下12,500円 障害者割引 15,500円 
■あうるすぽっと https://www.owlspot.jp/events/performance/post_193.html
■神田伯山 https://www.kandahakuzan.jp/
■YouTube『畔倉重四郎』https://www.youtube.com/results?search_query=

2020年 12月 9日(水)

 イケ・サンパーク カフェとファーマーズマーケットが12/12から (造幣局跡の公園)

 7月にオープンした「イケ・サンパーク」内にカフェとファーマーズマーケットがオープンする。広い芝生ながめながらのレストラン「EAT GOOD PLACE」が開店、同じ日からファーマーズマーケットが始まり12月は12・13日、19・20日に開催される。マーケットには埼玉県の農産物区内の名産品豊島区と交流都市の逸品が出品される。
 カフェは千代田区麹町「麹町カフェ」が移転し改名して「EAT GOOD PLACE」として開店。平日は8時から18時まで、金・土・祝前日は8時から22時まで営業する。平日は朝食・ランチや飲み物、子供メニュー。金・土・祝前日は朝食、ブランチ、デイナーとなっている。
 公園内にはすでに常設のコト・ポート(小型店舗)として、ハンバガー、日本酒、パインミー(ベトナムのサンドイッチ)、スパイスカレーの4店が出店している。
■IKE・SUN PARK https://ikesunpark.jp/
■EAT GOOD PLACE  https://www.epietriz.com/restaurants/eat-good-place
■ファーマーズマーケット  https://ikesunpark.jp/news/farmersmarket-start/
■コト・ポート https://ikesunpark.jp/kotoport/

2020年 12月 8日(火)

 将来の池袋駅西口  街の風景プラン 意見募集中

 池袋駅西口周辺の<街の風景をどのようにしたいか>の方向性を豊島区がプランを作成し、区民からの意見をパブリックコメントで募集している。プラン(素案)は「池袋駅西口駅周辺景観形成特別地区(仮称)」でインターネットで閲覧できる。意見の締め切りは12月15日。
 プランは地区をA地区(飲食店街)、B地区(芸劇・ホテル等)、C地区(駅前を除くA・B以外)と劇場通り駅前の再開発地域と5に分けている。プランではそれぞれの街並みの趣を短い文章で表現している。
 例えばA地区は<国際性・界隈性豊かな商業の集積を活かした親しみやすさが感じられる秩序あるにぎわいの街並み>。そして沿道エリアについては<高層部の品格ある表情と低層部の潤いとにぎわいが連続する落ち着きと洒落た印象を併せ持った街並み>を目指すとしている。
 池袋駅東口周辺についてはすでに昨年に<駅前広場とグリーン大通りの景観についてのプラン>について意見を募集している。
■池袋駅西口駅周辺景観 https://www.city.toshima.lg.jp/295/keikan/2010080924.html
■池袋東口景観形成案 https://www.city.toshima.lg.jp/295/keikan/1911251314.html

2020年 12月 7日(月)

 都議会も動いています 豊島区からの都議さん3人の活動は!! 

 都議会議員の選挙が来年の初夏に予定されている。そのためか早くも街中に立候補するだろうといわれている人のポスターが張られ始めた。前回の選挙(2017年7月)では豊島区から都民ファーストの本橋ひろたかさん、公明党の本橋桂一さん、共産党の米倉春奈さんの3人が選出されている。
 その3人の議員さんはどのような活動をしているのだろうか?活動の詳しいことはわからないが、都議会の議事録で、本会議や委員会などでの発言を検索できるので、議員さん活動の一つの側面を観ることができる。下記のURLから3議員の発言を確認することができる。
 いま、2020年東京都議会第4回定例会が11月25日から12月16日の予定で開催中。11月30日には知事の所信表明が行われ、続いて12月8・9日に本会議で代表質問・一般質問が行われる。9日に豊島区選出の本橋さんが一般質問を行う。質問時間は12分で公表されている質問項目は<都政運営><新型コロナウイルス感染症対策>、<SDGs施策>などについて質問する予定。
■都議会代表質問・一般質問 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/question/plenarysession.ht
■議事録検索 https://www.metro.tokyo.dbsr.jp/index.php/5677722?Template=search-speaker
■知事所信表明(11月30日)https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/governor/governor/shisehoshin/02_06.html

2020年 12月 4日(金)

 芸劇12月は 劇団民芸・こまつ座 劇団昴 柄本・藤原 

  東京芸術劇場の12月は面白そうな芝居が3つある。先ずは 12月17日からは劇団「昴」の公演で劇団の財産でこれまで450ステージほど上演しているというダニエル・キイス作の『アルジャーノンに花束を』を20日までシアターウエストで。脚色・演出は菊池准さんで町屋圭祐さん、あんどうさくらさんなどが出演する。
 12月18日から「劇団民芸・こまつ座」が井上ひさし作の『ある八重子物語』を27日までシアターイーストで。日色ともゑさん、有森也実さん、篠田三郎さんなど、演出は民芸の丹野郁弓さん
 12月19日からは人気俳優の藤原竜也さん、柄本明さんが出演する芝居『てにあまる』公演が1月9日(12月28日から1月3日は休演)までプレイハウスで。この芝居は藤原さん、柄本さん、そして高杉真宇さん佐久間由衣さんの4人の芝居で、演出するの出演者でもある柄本明さんが担当している。ドラマは<ある家族を描きながら、人間という動物の抗えない欲望を見つめるサスペンスドラマ>になるという。
■劇団民芸 http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2020_aruyaekomonogatari/
■こまつ座 http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html#358
■劇団昴 https://www.theatercompany-subaru.com/
■てにあまる https://horipro-stage.jp/stage/teniamaru2020/

2020年 12月 3日(木)

 池袋西口公園で定期的にコンサート tokyo music evening  Yube 19時開演

 池袋西口公園のグローバルリンクで2019年12月から定期的にクラシックの音楽会「Tokyo Music Evening Yube」が週1回の予定で開催している。
 最初の演奏会は小林研一郎さんの指揮で豊島区管弦楽団、コバケンとその仲間たちオーケストラ、豊島区吹奏楽団、区内中学生が、歌劇「アイーダ」の凱旋行進曲ほかを演奏した。その後は 西本智実さんの指揮でイルミナートフィルハーモニーオーケストラの演奏など継続的に開催している。その演奏は「Tokyo Music Evening Yube」のホームページのアーカイブページで公開している。
 12月の演奏会は3日(木)PM7からにチェリスト徳澤青弦とピアニスト林正樹による演奏。9日(水)PM7から作曲家・編曲家・ピアニストのコーニッシュさんの演奏会、16日(水)PM7からトロンボーン奏者藤原功次郎さんとピアニスト原田恭子さんの演奏。12月最後の演奏会は23日でRyu:牧野竜之介(ベース)さんを中心としたバンドで、ゴスペル・ミュージック演奏会。
■tokyo music evening https://yubemusic.jp/
■徳澤青弦 x 林正樹 https://www.cowandmouse.info/drift
■コーニッシュ https://soranone-inc.com/conisch
■藤原功次郎&原田恭子 https://eplus.jp/sf/classic/sbc/archives/0312fujihara_harada

2020年 12月 2日(水)

 池袋を舞台にしたアニメ「君は彼方」上映中 

 池袋を舞台にしたアニメーション「君は彼方に」(2020年製作95分)が全国の映画館で上映中。高校2年生の女の子が中心の物語で、その展開の舞台として描かれているのが池袋の街並み、池袋の待ち合わせ場所の定番「いけふくろう」、トキワ荘マンガミュージアム、鬼子母神、サンシャイン水族館など。こうした場所が、これから池袋の「ロケ地」巡りの対象になるか?
 かって池袋西口公園がテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の舞台として、若者のロケ地めぐりで有名になったことがあり、このアニメで新しい「ロケ地」巡礼が起こるか?。
 監督・原作・脚本は瀬名快伸さんが担当し、主人公の「澪」の声は女優の松本穂香さんが担当し、澪と幼馴染の「新」は声優の瀬戸利樹さんが、そして土屋アンナさん、竹中直人さん、夏木マリさんなども声で出演する。
 この作品は、池袋では11月27日から<TOHOシネマズ池袋>、そして都内では新宿、日比谷、上野、西新井などでも上映中
 なお、原作の「君は彼方に」はKADOKAWAファンタジア文庫として出版されている。
■映画「君は彼方」https://www.kimikana.jp/
■KADOKAWAファンタジア文庫 https://fantasiabunko.jp/product/322007000700.html
■瀬名快伸監督インタビュー https://gigazine.net/news/20200922-kimihakanata-yoshinobu-sena-interview/

2020年 12月 1日(火)

 おそ松さんの「ニートの生きざま展」 サンシャインシティで 

 サンシャインシティで12月18日から27日に<おそ松さんの「ニートの生きざま展」>が開催される。2015年10月から始まったTVアニメの「おそ松さん」の展示会でTVアニメ「おそ松さん」、劇場版「えいがのおそ松さん」、舞台「おそ松さんon STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~」などと<生きざまショップ>、<ニートの喫茶店>などおそ松さんが一杯の展示会。
 アニメ「おそ松さん」はどんな物語なのだろうか?もともとは赤塚不二夫(1935年-2008年)さんの漫画『おそ松くん』を原作としたテレビアニメ。<松野家の六つ子、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松は20歳を過ぎても定職につかず、親の脛をかじるいわゆるニート>の物語。そのニートの物語がなぜか若い女性にに人気があるようだ。アニメイト池袋本店近くの公園に若い女性が集まり「おそ松さん」の手作りの缶バッチを交換する姿をよく見かけたことがある。
 なお、TVアニメ「おそ松さん」はTV東京で毎週月曜日、深夜1時半から放映中。
■おそ松さんの「ニートの生きざま展」https://osomatsusan.com/ikizamaten/
■Twitter https://twitter.com/neet_ikizama
■おそ松さんTV東京放映中 https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/osomatsusan/
 
 (C) 2004-2020 いけぶくろねっと  All rights reserved