いまできること 災害支援

2018年7月豪雨緊急災害支援募金
Google クライシスレスポンス 原発事故の食品への影響
 

2020年 10月 27日(火)

 都内公立学校 いじめは小・中で64,579件 不登校の小学生5,217人 中学生10,851人

  東京都は10月22日に、2019(令和元)年度の公立学校での<問題行動や不登校>についての調査報告書をホームページで公表した。
 いじめは64,579件(前年度比12,667件増)、小・中学校で増加、高校では減少している。不登校については小学校5,217人(前年比899人増)、中学校10,851人(前年比981人増)で不登校になったのは小学校で0.88%の児童、中学校では4.76%で小・中学校ともに上昇している。学校に行くようになった復帰率は小学校で21.1%、中学校で15.0%で前年より復帰比率は小・中学校ともに低下している。
 いじめの認知数は、小学生については2013(平成25)年に5,581件が、2019年には57,427件と10倍になり、中学生は2013年の3,854件が2019年には6,968件で1.8倍となっている。小・中を合わせて64,579人。
 不登校については2006(平成20)年度に小学生1,838人が2019年度には2.8倍の5,217人で(出現率は0.88%)、中学生は2006年には7,079人が2019年には1.5倍の10,851人(出現率4.76%(100人のうち5人))となっている。
 東京都教育員会は調査報告書にいじめや不登校などの状況に対して処方箋として<今後の対応>と、<これまでの取組>についての掲載している。概要>>〇
■東京都 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/10/22/05.html
■調査報告書概要 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/10/22/documents/05_01.pdf
       

2020年 10月 26日(月)

 PCR検査に補助 豊島区子ども関連施設の1,000人に

  豊島区は10月下旬から<新型コロナウイルス感染症の感染防止>のために子ども関連施設職員のPCR検査に補助する。具体的には区立学校や区内の保育園、区立幼稚園、子どもスキップなど「子ども関連施設」のおよそ200施設の5,200名ほどの職員を対象にPCR検査費用を補助する。(検査費は自己負担なし。(写真は豊島区PCR検査センター)
 ただ、検査を希望する全職員への補助ではなく、区の予算では子ども家庭部の関係施設で750人、教育部関係では250人で計1,000人が予定されている。
 対象は1 職場の同僚、利用者(園児・児童・生徒)及び同居している家族に「陽性者」が発生した場合で、保健所の調査により濃厚接触者とならなかった職員。2 同居している家族に濃厚接触者が発生した職員のうち、感染の不安を抱いている人。なお、検査を受けるには所属長の判断が必要のようだ。
■豊島区 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/r0210/2010231853.html
 

2020年 10月 23日(金)

 LINEでの教育相談 4月から9月まで相談は1,800件 東京都

  東京都教育員会が都内の約64万人の中学生、高校生(国公私立在学)を対象に無料通話・メールアプリ(LINE)で教育相談の窓口を開設している。対象となる中高生には「相談ほっとLINE@東京」カードを配布して知らせている。相談時間は午後5時から午後10時まで(受け付けは9時30分まで)都教育相談センターが運営し「SNS教育相談支援員」が相談に応じている。
 その相談窓口の4月から9月の利用状況が10月22日に公表された。登録数は9月30日の時点で26,561人で相談件数は1,800件(1日平均9.8件)となっている。
 相談内容は、友人関係434件、学業不振187件、家族関係174件、進路105件、そして6番目が男女関係59件、教員等との関係58件、虐待37件、いじめ30件などとなっている。
 相談者の属性は、76.4%が女子、男子は15.4%、学校別では中学生が53.8%、高校・高専37.2%。
 東京都教育相談センターには「いじめ相談ホットライン」、「高校進級・進路・入学相談」、「通訳を介した外国人児童・生徒の高校等進路・教育相談」などの窓口がある。
■東京都教育相談センター https://e-sodan.metro.tokyo.lg.jp/
■SNS教育相談 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/10/22/03.html

2020年 10月 22日(木)

 豊島区を走る都電荒川線 豊島区郷土資料館 収蔵資料展

 豊島区郷土資料館で、「豊島区を走る都電」荒川線(東京さくらトラム)について歴史資料の展示会が10月2日(金曜日)から2021年1月10日(日曜日)まで開催している。展示は、昭和から平成にかけて都電の姿を撮り続けている写真家松井一彦さんの写真や郷土資料館の収蔵の都電路線図や記念切符などの資料を展示している。
 会場は3部構成で都電の歴史を写真や資料で展示している。1「王電・市電の時代」、1911(明治44)年「王子電気軌道」が大塚ー飛鳥山を開通させ、1932(昭和7)年に早稲田停留所まで開通。1942年東京市に譲渡され市電となる。
 2「都電の走るまち」、1945年以降には豊島区内には16系統(大塚駅前と錦糸町駅前)、17系統(池袋駅前ー数寄屋橋)、18系統(志村坂上-神田橋)、19系統(王子駅前ー通3丁目(日本橋近く))、32系統(荒川車庫前ー早稲田)が走っていた。1963(昭和38)年から1972(昭和47)年までに荒川線を除くすべての路線が廃止。
 3「そして荒川線」、1972年に路線の大部分が専用軌道だったため存続した27系統と32系統を1974(昭和47)年に一本化(三ノ輪橋-早稲田)し、名称を荒川線とした。荒川線は12.2㎞で停留所30か所5種類33両で運行されている。現在の名称は2017年から「東京さくらトラム」愛称がつけられた。
 資料館の休館、月曜、第3日曜、祝日、11月24日、12月28日~1月4日
■豊島区を走る都電 http://www.city.toshima.lg.jp/129/bunka/bunka/shiryokan/2020toden.html
■都電荒川線(東京さくらトラム)https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/toden/
■荒川線概要  https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/about/service/toden.html

2020年 10月 21日(水)

 東京芸術祭の宮城聰さん ベルリンでモーツアルトのオペラ演出

 「東京芸術祭2020」の総合ディレクター 宮城聰さんとそのチームが、11月にベルリンでモーツアルトのオペラを演出する。演目はモーツアルトが14歳で作曲した『ポントの王ミトリダーテ』で11月13日から28日まで5回の公演。このオペラはベルリン国立歌劇場の11月からの「バロック週間」の企画公演。歌劇場が日本から演出家を招聘するのは初めてという。(ナタリー電子版)
 指揮はマルク・ミンコフスキさん、演出チームは演出の宮城さんと空間構成に木津潤平さん、美術は深沢襟さん、衣装に高橋佳代さん、振付に太田垣悠さんなどが参加している。歌劇場のホームページによると、<A Japanese directing team led by Satoshi Miyagi will now stage this stunning opera in the spirit of Kabuki theatre.>と。このオペラは宮城さんに率いられる演出グループにより歌舞伎スピリッツにあふれる華やかなオペラになると!!。(注 宮城さんは静岡県舞台芸術センター芸術総監督でもある)
■ベルリン国立歌劇場 バロック週間 https://www.staatsoper-berlin.de/en/veranstaltungen/mitridate-re-di-ponto.9466/
■ベルリン国立歌劇場 https://www.staatsoper-berlin.de/en/
■東京芸術祭2020 https://tokyo-festival.jp/2020/about/
■静岡県舞台芸術センター https://spac.or.jp/about
■ナタリー電子版 https://natalie.mu/stage/news/399104

2020年 10月 20日(火)

 パートで働いている人向けの「セミナーと相談会」受講者募集中 池袋で

  11月12・19日(木)午後に池袋で「知っておきたい パートタイム労働の基礎知識」と題するセミナーと相談会が開催される。講師は特定社会保険労務士、相談会は講師と相談センターの職員が担当する。
 テーマは「パートタイム労働のための法律の基礎知識」と「社会保険・労働保険・税金の基礎知識」でそれぞれ2時間セミナーとセミナー受講者を対象とした個別相談会が行われる。
 会場はサンシャインシティの近くの「東京都労働相談情報センター池袋事務所」。受講料は無料。申し込みはインターネットでもできる。
■東京都労働セミナー https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/seminarform/index/menu
■パートセミナー https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/seminarform/index/detail?kanri_bango=seminar-ouji-000197

2020年 10月 19日(月)

 仙人と言われた「熊谷守一のアトリエにあったもの展」自由学園明日館で

 熊谷守一さんは、1880年生まれで1977に97歳で亡くなった人気画家で、2020年が生誕140年。その熊谷さんの豊島区長崎町(現・千早)のアトリエにあった遺品資料、スタンドや椅子などが公開する展示会「熊谷守一のアトリエにあったもの展」が、自由学園明日館講堂10月27日から11月1日まで開催される。あわせて、写真家の藤森武さんが晩年の熊谷守一さんを撮影したの写真と「婦人之友社」が所蔵する守一作品を2点展示される。 開館時間10時から17時、観覧料は無料。(ただし自由学園明日館の見学は有料)
 その熊谷さんは50歳代の1932年から1977年に97歳で亡くなる45年間にわたり豊島区千早に住んでいた。45年のうち晩年の30年以上千早の自宅から出たことがないことや風貌から「仙人」とも言われていた。この自宅での日々を描いた映画「モリのいる場所」が2018年に製作され各地で公開された。現在はDVDやデジタル配信されている。主演は山崎努さんが画家モリ、樹木希林さんが妻・秀子さんを演じている。
 なお、熊谷さんのアトリエと庭のあった場所に娘さんの熊谷榧さんが1985年に熊谷守一美術館を開館し、その後の2007年に区立美術館として開館している。
■熊谷守一のアトリエにあったもの展 https://www.toshima-mirai.or.jp/tabid216.html?pdid1=2347
■自由学園 https://jiyu.jp/
■自由学園明日館 https://jiyu.jp/architecture/#ak_mnk
■熊谷守一美術館 http://kumagai-morikazu.jp/
■映画「モリのいる場所」(2018年) http://mori-movie.com/ 

2020年 10月 16日(金)

 池袋西口公園で野外劇 10月18日から7回公演 東京芸術祭2020

  池袋西口公園が「東京芸術祭2020」の野外劇「NIPPON・CHA! CHA! CHA!」の会場になるため使えなくなっている。東京芸術祭のホームページによると芝居は<1964年の東京オリンピック前ののような時代?の靴工場とその靴、オリンピック代表選手選考・・・>の物語。
 出演はホリユウキ (DULL-COLORED POP)さん、斎藤友香莉さん、絵理子 (劇団ホチキス)さん、齊藤頼陽 (鳥の劇場)さんなど。出演者や製作スタッフの音楽担当の不破大輔さんなどについての紹介などの<製作チーム>のホームページもある。、
 原作者は如月小春さん、上演台本・演出は鳥取の「鳥の劇場」芸術監督の中島諒人さん、、音楽は不破大輔(渋さ知らズ)さん、美術は建築グループのアトリエ・ワン。
 10月18日から25日(19日休演)まで 毎回17時30分開演、少雨決行・荒天中止 〇入場料は500円で、事前にホームページで、当日売りあり。
■「NIPPON・CHA! CHA! CHA!」 https://tokyo-festival.jp/2020/program/nippon_chachacha/
■製作チーム https://note.com/tf2020_outdoor
■チケット https://nipponchachacha.peatix.com/
■東京芸術祭2020 https://tokyo-festival.jp/2020/program/

2020年 10月 15日(木)

 柳家三三 「あうるすぽっと」で三夜続けて <江戸三昧>三席 

  東池袋の「あうるすぽっと」で10月28日から10月30日の三夜連続で柳家三三さんの独演会がある。多くのホールでの落語会は複数の噺家さんが高座に上るが、今回の公演は仲入りを挟んで柳家三三さんが三席を話す。開演は毎日19時。
 落語会は『柳家三三 三夜 三道楽×三席 江戸三昧』が主題で「飲む、打つ、買う」をテーマにそれぞれ一席づつを一夜に三席を話す。
 ホームページで公表されている噺の演題は、初日は「ずっこけ」、「清水の小政」、「文違い」、2日目は「狸賽」(たぬさい)、「明烏」、「試し酒」、3日目は「錦の袈裟」、「親子酒」、「猫定」で3日間で九話。 全席指定3,500円 U24(24歳以下)1,750円
■あうるすぽっとhttps://www.owlspot.jp/events/performance/post_185.html
■柳家三三 http://www.yanagiya-sanza.com/

2020年 10月 14日(水)

 大学入試もオンライン 西巣鴨の大正大学 旧AO入試・旧推薦入試に

  西巣鴨の大正大学では、新型コロナ感染症の拡大で影響を受けた受験生に向けて、対面とオンラインの入試方式を同時展開する。
 オンライン入試を導入するのは総合型選抜<旧AO入試(学力試験のみではなく、高校の成績や小論文、面接などで人物を評価して合格判定する入試)>と高大接続入試(高校からの推薦入試選抜)と探究活動・課外活動型(旧文化・体育推薦入試)で実施する。
 すでに総合型選抜の出願期間は終り、入試が行われている。高大接続入試は募集中で、試験科目はオンラインで授業を受講、課題レポート、基礎確認テスト、オンライン面接の3科目の300点で合否が決める。オンライン入試の定員は総合型選抜入試の30名、高大接続入試の30名。
 大正大学は1926(大正15)年創立の天台宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、浄土宗による仏教系大学。現在は社会共生学部 地域創生学部 表現学部 心理社会学部 文学部 仏教学部の6学部で学生数4,774名
■大正大学入試制度 https://kokokara.tais.ac.jp/admission/examination/
■大正大学  https://www.tais.ac.jp/
■大学ジャーナル オンライン入試 https://univ-journal.jp/

2020年 10月 13日(火)

 「日本酒フェアー2020」は池袋では中止 セミナーをオンラインで

  サンシャインシティで毎年6月に開催されていた「日本酒フェアー」はコロナ感染防止のため中止になった。その代替イベントがオンラインで10月24・25日に開催される。メインイベントの利き酒大会は中止になっているが。セミナーは朝10時から18時まで行われ、講師は各地の酒造組合や日本酒専門家など。25日には世界初の「日本酒学」の研究センターを設置した新潟大学の研究者のセミナーもある。詳細と参加費無料、プログラムなど詳細は下記ホームページで。
 セミナーは東日本チャンネル西日本チャンネルの2チャンネルで開催され、出展者は44都道府県酒造組合と酒造組合の推薦の講師によるセミナー10コマで行われる。
 例としては24日の東日本チャンネルでは12時30分から東京都酒造組合による「いつの時代も東京地酒で乾杯!」、西日本チャンネル14時から兵庫県酒造組合の「Origin of Sake brewing, HYOGO」~酒造りの原点 ひょうご~。など2日間にわたってすべて日本酒関連のセミナーが行われる。
 日本酒フェアーで毎年開催されていた「利き酒イベント」は中止になっているが、酒類総合研究所が主催する「酒造年度全国新酒鑑評会の入賞酒」は6月に発表されている。今年度は金賞はなく入賞酒のみが発表されている。審査は850点から433点が選ばれていて、東京からは豊島屋酒造「金婚正宗」、田村半十郎「嘉泉」、小澤酒造「澤乃井」の3点が入賞した。
■日本酒フェアー2020 https://www.japansake.or.jp/sake/fair/2020.html
■酒類総合研究所 https://www.nrib.go.jp/kan/r01by/r01bymoku_info.htm
■新潟大学日本酒学センター https://www.niigata-u.ac.jp/university/facility/sakeology/
■豊島屋酒造 http://toshimayasyuzou.co.jp/
■田村 半十郎 http://www.seishu-kasen.com/
■小澤酒造  http://www.sawanoi-sake.com/

2020年 10月 12日(月)

 山下洋輔流ベートーヴェン 生誕250周年記念 芸劇で10月16日 

  東京芸術劇場で10月16日午後7時から、ジャズピアニスト山下洋輔さんの<山下洋輔流ベートーヴェン>演奏会がある。今年はベートーヴェン生誕250周年で東京芸術劇場の主催で『ミーツ・ベートーヴェン・シリーズ』演奏会を企画している。その第1回が1月のピアニスト仲道郁代さん、そしてVol.2が清塚信也さんの演奏会が予定されていたがコロナで中止となった。そのVol.3が山下さんのベートーベン演奏会。
 ジャズピアニストの山下さん、どのような演奏会になるのか?曲はソナタ6番、「悲愴」、「エリーゼのために」、「月光」といったピアノの名曲に、交響曲の「第九」と「運命」などと全曲がベートーベンの作品
 演奏はピアノの山下さんとパーカッションの八尋和洋さん、飛鳥ストリング・クワルテット(マレー飛鳥、相磯優子、志賀恵子、西谷牧人)が共演する。
 この演奏会について、山下さんとベートーベン研究者の平野昭さんの『ベートーベンのジャズ魂とは?』と題する興味深い対談が行われている。その記録は「音楽の友社」のONTOMOメールマガジンで公開されている。
■東京芸術劇場 https://www.geigeki.jp/performance/concert218/
■山下洋輔 http://www.jamrice.co.jp/yosuke/
■ONTOMOメールマガジンhttps://ontomo-mag.com/article/interview/yosuke-yamashita-meets-beethoven2020/

2020年 10月 9日(金)

 バラの見ごろ 都電沿線の大塚周辺と三ノ輪橋付近など 旧古河庭園

  そろそろ秋のバラは見ごろになっている。豊島区を走る都電沿線にはバラの名所がある。区内では都電大塚駅から向原の沿線に、およそ500種の700株ほどのバラ、そして荒川区に入ると荒川車庫周辺や熊野前から三ノ輪橋の沿線などに約140種の13,000株が植えられている。 大塚ではこれまで春と秋に「バラ祭り」開催していたが今年はコロナ感染防止のため中止になっているが、ぶらり散策に最適!!(写真は参考写真)
 このバラをボランティアで世話をしているのは、大塚駅周辺は「南大塚都電沿線協議会」のメンバーで毎月第3日曜日にバラの手入れをしている。荒川区でもボランティアの「荒川バラの会」が維持管理している。
 バラの見どころとしては駒込近くの「都立旧古河庭園」がある。庭園でも毎年「バラフェスティバル」を開催していたが今年は中止だが、庭園は開園していバラも見ごろになっている。
■南大塚都電沿線協議会 http://www.toden-rose.com/wp/?p=1548
■荒川バラの会 https://www.facebook.com/arakawarose/
■旧古河庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html

2020年 10月 8日(木)

 サンシャイン劇場で 純愛をテーマに 三宅・小倉のSET公演 

 サンシャイン劇場で三宅裕司さん、小倉久寛さんたちの「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」(SET)の第58回本公演『世界中がフォーリンラブ』が10月9日から10月25日に行われる。
 この芝居はコロナ以前には、座長に三宅裕司さんによると<SNS、将来の日本、若者>などをテーマを予定していた>が、コロナで重い雰囲気の中で、あえて<純愛をテーマ>にした芝居に変更したという。それが<大爆笑ミュージカル・アクション・コメディー『世界中がフォーリンラブ』で愛と笑いの2時間で「コロナの野郎」を吹っ飛ばし、元気で幸せな生活を取り戻そう>という。
 公演での座席は前後、左右を1席ずつ空けたソーシャルディスタンスを守った座席配置で10月25日まで22回公演が行われる。10月17日の2回の公演は有料(3,500円)でオンラインライブ配信を行い。上演終了後24時間アーカイブで視聴できる。
料金 S席8,500円 A席7,000円 こども券3,000円
■サンシャイン劇場 https://sunshine-theatre.co.jp/lineup/383.html
■劇団スーパー・エキセントリック・シアター http://www.set1979.com/ 

2020年 10月 7日(水)

 中止の「東京よさこい」 オンラインでコンテスト  オリジナル楽曲で

  新型コロナ感染拡大防止にため中止となった「東京よさこい」が全国のよさこいの踊り手の参加できる「オンライン」でコンテスト「H-1(ひふみワン)グランプリ」を開催する。募集期間は10月5日から11月1日。
 池袋西口の秋の一大イベント『ふくろ祭り』の後半日程の「東京よさこい」は10月10・11日に開催予定だったが、昨年の第20回も台風の直撃で中止となっていて2年連続で中止となった。
 その代わりに「東京よさこい」は全国のよさこいの踊り手がオンラインで参加できるオンラインイベント「H-1(ひふみワン)グランプリ」を開催する。
 応募するには「ひふみ」の演舞の様子を事務局に送信する。演舞する「ひふみ」は<ふくろ祭り50周年を記念>して作曲された「東京よさこい」のオリジナルな曲。審査して大賞、準大賞等を選出し、特設ホームページ上で表彰するイベント。グランプリには賞金5万円と次回のよさこい参加費無料、準グランプリ、演出賞,SNS特別賞、演舞賞などが設定されている。
 なお演舞のサンプル動画や応募方法が下記のHPに掲載されている。
■ふくろ祭り https://h-1grandprix.tokyo/

2020年 10月 6日(火)

 池袋駅に東京メトロの案内所 池袋駅でJR・西武・東武に続いて

   東京メトロが10月に有楽町線のチケット売り場に「旅客案内所」を新設した。<芸術都市として進化していく池袋の街を、楽しんでいただけるよう>に案内するという。東京メトロの案内所はすでに上野駅・銀座駅・新宿駅・表参道駅・東京駅・渋谷駅にあり、7駅目。
 池袋駅にはすでに4つの観光案内所があり、池袋駅の5番目に案内所で池袋に乗り入れている鉄道会社がそろった。駅構内の5案内所は連携して情報を共有化などでサービスしているのだろうか?このメトロの案内所は、西武や東武、JRとはことなり、外国人旅行者が減少しているからなのか外国語でのサービス対応を明示していない。(写真は西武案内所)
 池袋駅で最初にできた案内所は中央通路の中ほどにある「JRの案内所」(サッカーワールドカップ日韓大会があった2002年ごろにオープン)。そして2015年10月に東口に西武鉄道が外国人旅行者向けに「SEIBU Tourist Information Center Ikebukuro」を設置し、その1年後の2016年10月にJR東日本も外国人旅行者向けにパルコ1階の路面(その後西口に移転)に「JR EAST Travel Service Center」を開設した。続いて2017年10月に東武鉄道が中央通路に訪日外国人観光客向けに英語、中国語で案内をする「東武ツーリストインフォメーションセンター池袋」をオープンした。
■東京メトロ池袋 https://www.tokyometro.jp/news/2020/208551.html
■JR東日本 池袋案内所 https://www.jreast.co.jp/e/customer_support/service_center_ikebukuro.html
■西武池袋駅 https://www.seiburailway.jp/company/recruit/tourist-information-center/index.html
■東武池袋駅 https://www.tobu.co.jp/file/pdf/b686c6efd8b0c5a9a800c76ea49f51c1/170914_1.pdf?date=20170914141630

2020年 10月 5日(月)

 「ダイヤゲート池袋」で『新・農業人フェア』農業就職・転職LIVE 

 池袋のビックリガードの脇の「ダイヤゲート池袋」4階で<『新・農業人フェア』農業就職・転職LIVE>イベントが10月17日に開催される。農業人フェアは「農業EXPO」と「農業就職・転職LIVE」の2部制で、17日は具体的に農業を仕事としようと考えている人に向けて、農業法人等が中心の就農相談会と会社の説明、キャリアカウンセラーによる就職相談など具体的・専門的就農相談を行う。入場無料、予約不要、服装自由・・
 「農業EXPO」は9月27日にはサンシャインシティで行われていて 全国から自治体、農業法人、就農支援機関など各種団体が多数の出展で行われた。EXPOでは農業未経験者から独立就農希望者まで様々な情報を提供する「農業相談ブース」、「農業法人就職ブース」、「農業研修生ブース」が展開される。「農業EXPO」はこれからも2021年2月7日に有楽町の国際フォーラムと大阪で11月に、農業就職・転職LIVEも東京と大阪で開催が予定されている。後援は農林省・厚生労働省
■新農業人 https://www.shin-nogyojin-yumex.com/
■農業をはじめる.JP https://www.be-farmer.jp/
■農林省 新農業人ポータル https://www.maff.go.jp/j/new_farmer/
■新農業人 YouTube https://www.youtube.com/channel/UCXKycLQJ4kywKbdI5GZEPrw/

2020年 10月 2日(金)

 池袋西口 光文社ビルの跡は 2024年に高層マンション 30階 高さ100m 

 池袋西口の池袋駅から要町駅に抜ける通称「乱歩通り」の中ほどのランドマークだったレンガ色の「光文社ビル」が解体され、白い仮囲いに「建築計画のお知らせ」が掲示されている。計画によると新しいビルは高層マンションで、地上30階地下1階、高さおよそ100mの建物になる.。(写真は2020/10 と光文社ビル2020/01)
 建設主は東京建物、三菱地所レジデンス、東急不動産の3社で、着工は2021年4月で建設期間は3年間で完成は2024年4月となっている。
 旧光文社ビルは1987年に建設され、1階には1999年4月に開館した光文文化財団が運営していたミステリー専門図書館「ミステリー文学資料館」が開館した。その資料館も20年を経た2019年7月に閉館した。ミステリー文学関係の所蔵資料は光文社が継続して所蔵している。なお「光文文化財団」は<日本ミステリー文学大賞>、<日本ミステリー文学大賞新人賞>、<鶴屋南北戯曲賞>を主宰している。
■光文社 https://www.kobunsha.com/
■ミステリー文学資料館 https://www.mys-bun.or.jp/#mysbunMap

2020年 10月 1日(木)

 東京芸術劇場がオープンして30年 記念 コンサート・演劇・オペラ

 東京芸術劇場が開館したのが1990年10月で今年で30年になる。劇場が主催して30年周年を記念して演劇公演、オペラ、コンサートを開催する。
 その第一弾が10月15日から11月1日までシェイクスピア『真夏の夜の夢』を公演する。こう芝居は原作に野田秀樹さんが潤色、演出は ルーマニアのシルヴィウ・プルカレーテさん、鈴木杏さん、北乃きいさん、加治将樹さん、矢崎広さんなどが出演する。
 次は10月30日・11月1日にモーツアルトオペラ<野田版『フィガロの結婚』~庭師は見た!~>演出野田秀樹さん、指揮は井上道義さん。
 第3弾は12月4日読売日本交響楽団演奏会、指揮者はマキシム・パスカルさん、ピアノは若手のホープ反田恭平さん。演奏曲はラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲、ドビュッシーの「海」など
 東京芸術劇場の地には、以前は東京学芸大学附属小学校が1964年まであり、その後は空き地の状態が長く続いていた。その空き地について池袋西口商店街などから東京都に「芸術文化会館」建設の要望が強くあった。池袋西口商店街は誘致を進めるために、その空き地で、区内の小・中学校や高校、大学のブラスバンドやオーケストラ、豊島区管弦楽団などが出演する「キャンパス音楽祭」を開催していた。
 芸劇の都民披露公演として 1990年11月4日に豊島区管弦楽団の演奏会がありチャイコフスキーの交響曲 第6番「悲愴」など演奏した。
■東京芸術劇場30周年 https://www.geigeki.jp/ch/ch2/index.html
■『真夏の夜の夢』 https://www.geigeki.jp/performance/theater245/
■『フィガロの結婚』https://www.geigeki.jp/performance/concert212/
■読売日本交響楽団 https://www.geigeki.jp/performance/concert219/
 

2020年 9月 30日(水)

 10月からの最低賃金  関東圏 群馬は引き上げ2円で835円 東京は据え置きの1,013円

  毎年10月に府県別の最低賃金が更新される。今年は据え置きか1円から3円引き上げ。東京は前年と同じ1,013円、隣の神奈川は1円引き上げて1,011円、埼玉は2円引き上げで926円になる。関東圏で一番低額なのは2円引き上げで群馬の835円となっている。
 全国平均は<902円>で前年より1円引き上げとなっている。東京が最高額1,013円、そして一番低額なのは、福岡を除く九州全県(佐賀・長崎・熊本・大分。宮崎・鹿児島・沖縄)、四国では愛媛・高知、そして中国地方の鳥取・島根、東北では青森・岩手・秋田・山形の790円となっている。
 地域によって生活費がそれほど違うのだろうか。電化製品、携帯料金、コンビニなどはどこでも同じ値段。ちなみに18年前の2002年の最低賃金は、全国加重平均は663円、東京が最高額708円、一番低いのは沖縄の604円だった。
■2020年最低賃金 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/
■東京労働局 https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/houdou/20200821chinginka_00028.html

2020年 9月 29日(火)

 池袋演芸場 10月上席のトリ 昼の部は文蔵、夜の部は一之輔

 池袋演芸場の10月上席(1日から10日)は落語協会の担当で、昼の部は柳家さん喬さん、柳家小せんさんなどでトリは橘家文蔵さん、夜の部は春風亭柳朝さん、隅田川馬石さん、そして春風亭一朝さん、古今亭志ん輔さん、トリは人気の春風亭一之輔さんが高座に上がる。ちなみに一之輔さんは一朝さん一門の弟子。
 会場の池袋演芸場は新型コロナウイルス感染拡大予防のため一席ずつ空けるため、定員39名の興行。39人のために10数人の芸人さんが熱演するぜいたくな寄席だ。
 入場時に検温とアルコール消毒、公演中はマスクは着用。昼の部は12時30分から4時30分、夜の部5時から8時30分。
 入場料2,500円、着物を着ている人と65歳以上2,000円。昼夜の入れ替えなし。
■池袋演芸場 http://www.ike-en.com/index2.html
■落語協会 https://rakugo-kyokai.jp/jyoseki/index.php?pid=4

2020年 9月 28日(月)

 9月30日から『東京芸術祭2020』 劇場で通常公演 オンラインイベントも

 『東京芸術祭2020』が9月30日から11月29日の日程で東京芸術劇場あうるすぽっと など池袋周辺エリアで開催される。
 開会に先立つ29日にオンラインで「今、なぜ舞台芸術が必要なのか」と題するシンポジュウムが開催される。サブテーマは<ーより近く、よりゆっくり、より寛容にー>となっている。
 シンポは<「コロナ後」の社会には、ここ半世紀ほど非効率なものとみなされてきた舞台芸術が役立ちそうです。>という視点から論じるようだ。経済学者の水野和夫さん、政治学者の李静和さん、美学、現代アート研究者の伊藤亜紗さんが登壇し、司会は横山義志さんが担当する。オンライン配信は無料でYouTubeで配信される。
 このシンポは【シリーズ・持続可能な舞台芸術の環境をつくる】の第1回で、続いて第2回は10月11日に『2030年以降、東京だからこそ可能な場とは?』と題するシンポが開催される。発言者は池田佳穂さん、齋藤恵汰さん、多田淳之介さん、長島確さん、渡邉梨恵子さんで司会は朴建雄さん。
■東京芸術祭2020 https://tokyo-festival.jp/2020/
■9月29日シンポ https://tokyo-festival.jp/2020/program/sustainable_symposium/
■オンライン配信 無料 YouTube https://youtu.be/Ajv5Bm0CXPE
■10月11日シンポ https://tokyo-festival.jp/2020/program/sustainable_talk_1/

2020年 9月 25日(金)

 都民の都内旅行 GoToにプラス宿泊5,000円、日帰り2,500円補助 総額22億円(40万泊分)

  東京都は、都民の都内旅行に、10月から国の補助金にプラスして宿泊5,000円(一泊)、日帰り2,500円(一回)の補助する予算を計上すると9月24日に公表した。予算総額22億円で上限は40万泊。ただしこの補助は、旅行業者が企画する都民の都内観光でコロナ感染防止対策を徹底した旅行商品のみに適応される。この予算は20202(令和2)年度の9月補正予算で開会中の都議会定例会に提出される。
 当初の9月補正予算額は、医療提供体制等の強化・充実に870億円(患者受入に向けた空床確保料の補助600億円など)、経済活動と都民生活を支えるセーフティネットに1,740億円(中小企業制度融資等1,520億円。生活福祉資金貸付事業210億円など)等で総額3,413億円、そしてこの都内旅行補助22億円の追加で総額3,435憶円となった。
■都9月補正予算案 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/09/03/18.html
■9月補正追加 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/09/24/15.html
■都議会 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/

2020年 9月 24日(木)

 東京都が犯罪被害者に見舞金 10月から 国給付にプラスして

  東京都は。10月1日から犯罪行為によって死亡した方の遺族と負傷した人に見舞金を贈る制度が開始される。この制度は4月施行された「東京都犯罪被害者等支援条例」によって行われる。こうした条例は都道府県単位では、三重県につづいて2番目の制定。対象になるのは、今年の4月1日以降、発生した殺人、傷害など、生命や身体への犯罪被害となっている。
 見舞金は、都内在住の遺族には30万円、治療の期間が1か月以上かつ通算3日以上の入院を要する身体の負傷を負った都内在住の本人に10万円が給付される。
 9月18日の都知事の会見では、この制度は<犯罪被害者等を社会全体で支える取組で、被害者または遺族の方々に、当面必要となる経費を迅速に支給>をするもの。窓口は「公益社団法人 被害者支援都民センター」が担当する。
 検察庁の犯罪被害者等給付金制度については検察庁発行の「犯罪被害者白書」に詳しい。国の制度では遺族給付金は最大2,964万円、重傷病給付金上限120万円、障害給付金最大3,974万円となっている。
■都庁総務局 https://www.soumu.metro.tokyo.lg.jp/10jinken/tobira/higaisyajyourei.html
■都知事記者会見 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2020/09/18.html
■被害者支援都民センター http://www.shien.or.jp/
■検察庁 犯罪被害者白書 https://www.npa.go.jp/hanzaihigai/whitepaper/w-2020/html/zenbun/part1/s1_2.html
■警察の犯罪被害者支援ホームページ https://www.npa.go.jp/higaisya/index.html

2020年 9月 23日(水)

 漁師に興味・関心ある、漁師になりたい?! サンシャインシティでイベント

 9月26日の12時半からサンシャインシティで「漁師の仕事まるごとイベント!」が開催される。「将来を模索している人」、「漁業に興味・関心があり選択肢のひとつとして漁業を考え始めたばかりの人」、そして「漁師になる準備が出来ている人」などだれでも参加できる「漁業就業支援フェア」。
 会場には。漁業の基礎知識を学ぶガイダンスコーナー、
総合相談ブース、漁師さんと直接話ができる出展団体ブース、資料コーナーがある。そして<ZOOM>によるオンラインセミナーも開催される。テーマは「漁業に興味・関心があり選択肢のひとつとして漁業を考え始めたばかりの人」。また会場に行けない人向けに漁協オンライン面談もある。
 このイベントは東京、福岡、大阪で開催され、東京では2回開催で次は11月26日に会場は同じサンシャインシティで。
 水産庁の2019(平成元)年の「水産白書」によると、2018年の漁業就業者は15万2千人でその内39歳以下は17.7%となっている。15年前の2003年での漁業就業者は23万8千人で、この15年間で8万6千人減少している。
■漁業就業支援フェア https://www.ryoushi.jp/fair/
■Twitter https://twitter.com/ryoushi_center/
■facebook https://www.facebook.com/ryoushijp/
■水産白書 https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/r01_h/trend/1/t1_2_3.html#a

2020年 9月 18日(金)

 池袋駅 西口は「東武」で大北海道展 東口は「西武」で大九州うまいもの 

  池袋駅の西口と東口のデパートが北海道と九州に狙いを定めて連休に販売合戦を始めている。池袋の大型店もそろりそろりと通常の営業に戻りつつあるようだ。
 西口の東武百貨店池袋店では、これまで年3回開催されていた北海道物産販売会が「秋の大北海道展」として9月8日から21日の予定で開催されている。北海道展は人気があり4月にも開催が予定されていたが新型コロナウイルスの影響で中止されていたので8か月ぶりの開催だ。
 東口の西武池袋本店では九州に焦点を合わせた物産展「秋の大九州うまいものと技紀行」を9月17日(木)~28日(月)に開催している。この物産展も昨年に12回目になった「大九州うまいものと技紀行」は毎年4月に開催されたいたが、新型コロナの影響のためか名称に「秋の」を加えて「秋の大九州うまいものと技紀行」として開催されている。
■東武東武百貨店池袋店 http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/3196
■西武池袋本店 https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1469946.html

2020年 9月 17日(木)

 中止になったアニメフェス(TAAF2020)のノミネート作の上映 新文芸坐9/26・27

東京アニメアワードフェスティバル2020」は2020年3月に池袋で開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止対策として中止された。その時に上映予定だったコンペティション部門にノミネートされた作品の上映が新文芸坐で9月26・27日に行われる。
 コンペ部門の審査結果はフェスの終了後に発表されている。長編部門では、22の国と地域より、29作品の応募があり、『マロナの幻想的な物語り』(ルーマニア、フランス、ベルギー)がグランプリを獲得。短編部門は67の国と地域より1054作品の応募があり『娘』(チェコ)がグランプリを獲得した。新文芸坐でノミネート作品(長編4作品/短編32作品)が2日間にわたり上映される。上映時間、入場については下記サイトで。
 入場料は事前にサイトで販売 長編アニメーション 1作品500円 、 短編アニメーション 各スロット:500円。
 同時に開催された「TAAF2020 アニメファン賞」は2019年度(2018年10月14日~2019年9月30日)の全上映・放送作品439作品から、ベスト100作品(劇場映画部門20作品・テレビ部門80作品)をファンの投票によって選出し、さらにファンの決選投票が行われた。投票数は551,491票で61,551票を得た『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』にアニメファン賞、2位は「新幹線変形ロボ シンカリオン」、3位は「えいがのおそ松さん」になった。
■2020ノミネート上映会 https://animefestival.jp/ja/taaf2020special/
■TAAF2020 アニメファン賞 https://animefestival.jp/ja/post/12014/

2020年 9月 16日(水)

 ペイペイ(PayPay)で墨田(30%)、渋谷と板橋は(20%) 10月1日から還元

 ペイペイのポイント還元サービスが墨田区・渋谷区・板橋区で復活する。還元率は墨田区では30%、渋谷区と板橋区は20%。実施されるの時期は、墨田は10月1日から10月31日、渋谷は10月1日から10月14日、板橋は10月1日から11月30日と独自に設定している。
 板橋区では、板橋区内の中小企業でスマホ決済(PayPay)すれば決済額の最大20%分(一決済につき2千円分,一ヵ月で5千円が上限)が還元される。ただし大型店舗やコンビニなど大手チエーンでの利用はは対象外。還元金は、板橋区役所が「がんばろう板橋!区内のお店応援キャンペーン」で負担する。(出典 朝日新聞9月16日朝刊)還元を受けるには、その自治体の住民であることが条件となっていない。
 この還元キャンペーンは「PayPay株式会社」がコロナ禍で低迷する地域経済を支援するために始めた自治体との協力事業「あなたのまちを応援プロジェクト」で、9月10日現在では、全国の61自治体で65のキャンペーンが行われている。
■板橋区ペイペイ https://about.paypay.ne.jp/pr/20200910/01/
■PayPayキャンペーン https://paypay.ne.jp/event/support-local/

2020年 9月 15日(火)

 芸劇でN響コンサート ヤルヴィさんに代わって広上さん  9月18・19日 

 NHK交響楽団は新型コレラ感染防止策として「2020-21シーズン定期公演」を休止している。東京芸術劇場でも第1946回定期演奏会の予定があったが、指揮者のパーヴォ・ヤルヴィさんの来日が不可能に、そして演奏者の安全のため大編成のオーケストラ曲ができないなどの理由で中止になった。
 N響はその代替公演を東京芸術劇場で「9月公演」を開催する。日程は定期演奏会で予定していた日程(9月18・19日)で開催する。演奏曲も変更してR. シュトラウスの歌劇「カプリッチョ」― 六重奏(弦楽合奏版)などで、京都交響楽団音楽監督の広上淳一さんが指揮する。開演は18日(金)7,00PM、19日(土)2.00PM。
 このコンサートでも感染症予防対策についての取り組みで、座席は前後左右に空間を設けた配置で、マスク着用などを求められている。
■NHK交響楽団 https://www.nhkso.or.jp/concert/20200918_2.html
■東京芸術劇場 https://www.geigeki.jp/performance/20200918c/
 

2020年 9月 14日(月)

 65歳以上のひと 東京都311万1千人 豊島区5万8千人 5人にひとりより多い

 東京都が「敬老に日」にちなんで2020年9月15日時点の東京都の高齢者(65歳以上)の人口推計を発表した。東京都の現在の人口は1,332万人で 高齢者は2020年には311万1千人で、2000(平成12)年に188万2千人がここ20年ほどで122万9千人増えている。前年比でも1万5千人増えていて高齢化率23.3%となっている。さらに後期高齢者と分類されている75歳以上人口は163万9千人、その内の80歳以上は仙台市(109万)ほどの規模の人口に近い100万7千人となっている。(表 都の男女別高齢者人口の推移)
 豊島区の高齢者はどうなのか。「としまの統計」によると2020年1月1日の人口は290,246人で65歳以上58,264人(高齢化率20.1%)で5人に1人だが東京都全体より3%ほど低くなっている。75歳以上は、10人に1人で30,497人(人口比10.5%)、80歳以上は19,075人(人口比6.6%)となっている。
■東京都高齢者人口推計 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/09/10/04.html
■豊島区の統計 http://www.city.toshima.lg.jp/070/2004031026.html

2020年 9月 11日(金)

 地元の議会も動いています。定例会は豊島区は9月16日から・都は9月18日から

 中央政界はいろいろと動いているが、自治体の議会も動いています。豊島区議会第3回定例会は9月16日から10月26日まで、都議会第3回定例会は9月18日から10月8日まで開催される。都・区とも主な課題は、2019(令和1)年度の決算(2019年度の仕事の点検)で議会として審査する。そして新たな条例の制定や条例の改正、補正予算の審議などを行う。
 豊島区役所が定例会に提出するのは、条例4件、補正予算4件、報告5件、その他6件の計19件。条例は新たに「としま文化の日」の制定、そのほか条例改正、補正予算は一般会計6億7千万の補正など。
 都議会は知事の招集挨拶、代表質問、一般質問などの日程が公表されているが、都が議会に提出する案件はまだ公表されていない。
 豊島区議会、都議会とも本会議場はライブで、都では全常任員会をライブで中継、豊島区は予算と決算特別委員会はライブ中継、そのほかの委員会は録画中継される。
 議会の動きをチックするには中継録画で、議題(テーマ)や質問者・回答者の氏名で検索して視聴するのに便利だ。
■豊島区議会https://www.city.toshima.lg.jp/368/kuse/gikai/nitte/h30/2005261144.html
■豊島区議会 インターネット中継 http://www.kensakusystem.jp/toshima-vod/index.html
■豊島区提出案件 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/r0209/2009101305.html
■都議会日程 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/schedule/plenary-session.html
■都議会インターネット https://www.gikai.metro.tokyo.jp/live/

2020年 9月 10日(木)

 東武東上線に新駅「みなみ寄居 <ホンダ寄居前>」 10月31日から

 東武東上線に新しい駅が10月31日に誕生する。東上線東武竹沢駅と男衾駅の間に新駅「みなみ寄居 <ホンダ寄居前>」が誕生する。新駅は本田(Honnda)埼玉製作所寄居工場に隣接して開業する。池袋から新駅までは68.9km。新駅までの所要時間は不明だが、現在の池袋から手前の東武竹沢駅まで、最速は1時間15分(池袋9時発、小川町乗換1回)なのでそれから2分ほどだろう。乗車料金は池袋からの820円。東武東上線で新駅ができたのは2002年3月の「つきのわ駅」以来だ。
 東洋経済ONLINE(9月10日)によると新駅「みなみ寄居 <ホンダ寄居前>」の設置はホンダが全額負担して開業する。工場に勤務するおよそ2000人に通勤駅になるのだろう。
 新駅に隣接している工場は2013年0月にHonda埼玉製作所寄居工場として操業を開始した。操業時の公表データによると生産能力は年間25万台計画で、従業員数は約2,000名となっている。Honndaは埼玉製作所は、寄居工場と近くの小川町にエンジン生産を行う小川工場、そして狭山工場完成車工場の3工場で成り立っている。
■東上線北部エリア https://www.tobu.co.jp/odekake/area/tojo-line-north/
■みなみ寄居 <ホンダ寄居前>pdf
https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/51dba5bd3c0fc22ad440481d923095f7_191223_1.pdf
■Honda埼玉製作所 https://www.honda.co.jp/saitama/ 
■東洋経済ONLINE9月10日 https://toyokeizai.net/articles/-/374144

2020年 9月 9日(水)

 東明飯店が9月11日に閉店  池袋西口で1965年から55年間

 池袋西口の「東明飯店」が9月11日21時に閉店する。東明は1965(昭和40)年に開店し、今年で55年になる。しばらくぶりに昼食に訪れてたところ閉店のお知らせがエレベータの前にあり、びっくりした。学生時代には先生に連れられて、そして学生仲間でその後は仕事関係の懇親会にたびたび訪れた店なので閉店は寂しい。
 閉店するのはなぜなのか?コロナの影響なのか?「閉店のお知らせ」には<突然ではございますが諸般の事情により閉店>と書いてあるだけでコロナの影響であるとは記していない。
 かっては東明飯店は、池袋の宴会やパーティーの会場として豊島区のPTAなど各種団体には手ごろな会場として利用されていた。以前は、池袋の宴会場としては東方会館、白雲閣、東明大飯店が代表的だった時期があった。その「東方会館」は結婚式場やパーティ・宴会そしてボーリング場として親しまれていたが2003年12月に閉店して2007年に高層住宅に。白雲閣は「リビエラ東京」と名称を変えて結婚式場として主に利用されている。
 豊島区西池袋1-17-6 池袋西口センタービル3・4階 池袋西口C8出口前
■台湾中華東明飯店 http://www.toutsu.com/

2020年 9月 9日(水)

 東池袋1丁目に30階(180m)のビル 都市計画審議会で認可

 池袋JR線と川越街道に囲まれた「東池袋一丁目地区」9,900㎡(約3,000坪)の再開発計画が2020年9月7日の東京都都市計画審議会(日経新聞Web版9月7日) で認可された。すでに2017(平成29)年に「東池袋一丁目地区市街地再開発準備組合」が設立されていて、今後は再開発組合の設立して2025年の完成を目指す。
 計画では、東池袋⼀丁⽬45番、46番、47番、48番の9,900㎡に、地上30階地下3階(延べ14,500㎡)のビルで2022年度着工、竣工2025年度を予定している。敷地内に約2,000㎡の地区広場を2カ所と約900㎡の地区広場も整備し、駅や近隣の商業施設からの歩行者ネットワークなども形成する。「都市計画(素案)の概要」の作成は住友不動産。
■都都市計画審議会 https://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/keikaku/shingikai/yotei.htm
■豊島区 https://www.city.toshima.lg.jp/433/documents/higashiike1kihonkeikakuan.pdf
■東池袋1丁目地区都市計画(素案) https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tokyoken/tokyotoshisaisei/dai17/shiryou1.pdf

2020年 9月 8日(火)

 池袋駅に大きなポスター 池袋が舞台のドラマ『キワドい2人-K2-』

 JR池袋駅北改札前に大きなポスター『キワドい2人-K2-』が出現した。ポスターは9月11日から始まるTBSテレビのドラマで、主役の<山田涼介さんと田中圭さん>の大きな写真とドラマとコラボする池袋のスポットのマップ「池袋キワドいSHOP MAP」のPRポスターだ。ポスターが貼られている期間は9月7日から13日の間。
 「池袋キワドいSHOP MAP」は、『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』がドラマの舞台である池袋を巡りながらドラマの世界観を楽しむことができる企画だそうだ。
 スポットは池袋西口の東京油組総本店池袋組、つけ麺屋やすべえ池袋店、ラーメン・餃子・定食 小次郎 池袋店、セントポールの隣り、ランチハウスミトヤなど5か所、東口ではタワーレコード、サンシャイン水族館など8か所のスポットを掲載している。
 ドラマは、池袋署を舞台に、山田涼介さんと田中圭さんが演じる刑事と椎名桔平さん、八嶋智人さん、江口のりこさんなどが出演する「キワドい刑事ミステリー」だそうだ。
 池袋を有名にしたTBSドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(主演は長瀬智也さん、脚本は宮藤官九郎さん)が放送されたのは2000年の4月、それから20年、再び池袋が舞台のドラマ、どんなドラマになるのか?
■TBSテレビ https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/

2020年 9月 7日(月)

 働きについてセミナー ハラスメント・・・ 都の労働相談情報センターで

  東京都は「労働相談情報センター」を飯田橋、大崎、池袋、亀戸、国分寺、八王子の6か所に事務所を設置し、働くことについて相談、調査、セミナーなどを行っている。池袋の事務所はサンシャインシティ近くの東池袋4-23-9にあり、文京区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区に所在する会社を担当している。   各事務所で労働相談の実施だけではなく。働くことに関する冊子「若者向け」、「外国の方向け」、「パート・アルバイト、派遣社員、契約社員の労働に関する資料」など各種資料を配布している。
 また各事務所で使用者向けや労働者向けに労働法、労使関係、男女平等、ハラスメントなどについてのセミナーを開講している。セミナーは人気があり直ぐ締め切られる講座も多い。
 池袋事務所を会場とする講座で、まだ申し込めるのは9月23日の「セクシュアルマイノリティに対する企業の理解と職場環境の整備」、10月14・15日の「新しい時代の労務管理」がある。詳しくは下記の「TOKYOはたらきネット」サイトで。
■都労働情報センターhttps://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/soudan-c/center/index.html
■TOKYOはたらきネット https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/index.html
■労働セミナー  https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/seminarform/index/menu/

2020年 9月 4日(金)

 池袋西口公園でコンサート N響室内合奏団(9月17日) 西本智実&イルミナートフィル(9月26日)

 池袋西口公園の野外音楽ステージで9月17日(木)の午後7時から8時に「NHK交響楽団メンバーによる室内合奏団」の演奏会が開催される。そして、9月26日(土)午後5時から6時に西本智実さん指揮で「イルミナートフィルハーモニーオーケストラ」の演奏会が開催される。
 両公演とも入場無料。ただし、新型コロナウイルス感染症拡大策として、野外での演奏会だが人数を調整するため、定員は200~250名事前に申し込み制で開催する。申し込みは、グローバルリングのホームページで。(写真はグローバルリングでの2020年2月5日コンサート)。
 なお、N響室内合奏団(9月17日)はYouTubeの「Tokyo Music Evening Yube」チャンネルでライブ中継、西本智実&イルミナートフィル(9月26日)は後日録画でYouTube配信される。
■グローバルリング(池袋西口公園)https://yubemusic.jp/
■豊島区 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/r0209/2009031700.html
■Tokyo Music Evening Yube(YouTube) https://www.youtube.com/channel/UCfAdekFhmAXAESubo7eChcQ

2020年 9月 3日(木)

 豊島区の「洪水・土砂災害ハザードマップ」 神田川 旧矢端川(暗渠)

 大型な台風10号が日本に近づきそうだという予報がある。豊島区でも無関係ではない。以前は新宿区と区境の高田地区では、神田川の氾濫が毎年あり、神田川の改修工事が行われ氾濫することが少なくなったが、また氾濫するかもしれない。
 現在でも、豊島区が作成している「土砂災害ハザードマップ」と「洪水ハザードマップ」によると、洪水については、神田川流域と旧矢端川(暗渠)流域土砂災害警戒区域としては21か所、そのうち特別警戒区域10か所が指定されている。
 土砂災害指定地区をマップで高田・雑司が谷・目白・南池袋地区、南大塚地区、駒込地区の場所を特定している。それぞれの地区の土砂災害時の救援センターは目白小学校、巣鴨小学校、駒込小学校の3校が指定されている。
■豊島区洪水ハザードマップ https://www.city.toshima.lg.jp/042/bosai/taisaku/hazard-map/010305.html
■豊島区土砂災害ハザードマップ https://www.city.toshima.lg.jp/042/1912021004.html
■荒川 水位・雨量・ライブ映像 http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00079.html

2020年 9月 2日(水)

 千代田区 全ての区民に12万円 総額84億円 12月ごろか? 

 千代田区議会は区民に12万円を特別支援金を配布する案を含む、千代田区第3次補正予算を承認可決した。12万円の配布対象者は全ての千代田区民、ただいつの時点の区民なのかについてはまだ不明だが、注として<2021(令和3)年4月1日まで生まれた新生児を含む>が明記されている。区は世帯ごとに申請書を郵送し、原則として郵送による申請で指定する口座に一括配布される。
 8月1日現在に千代田区民としている住民登録しているのは37,615世帯、人口66,759人 となっている。
 千代田区では、議会が7月に「虚偽の陳述及び証言拒否に対する告発について」を議決し、それに対して区長が議会解散を通知し混乱が続いていたが、8月12日に区長が解散通知を撤回して議会が再開され、特別支援金を含む第3次補正予算の審議が行われた。※千代田区2020(令和2)年度、一般会計予算765億円
■千代田区https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kurashi/sodanmadoguchi/tokubetsushien-kyuhukin.html
■第3次補正予算 https://www.city.chiyoda.lg.jp/documents/26637/hoseiyosanshiryo.pdf

2020年 9月 1日(火)

 5年に一度の国勢調査が9月14日から始まる 紙で配布 スマホでも回答

 9月14日から調査員が各家庭に訪問し「国勢調査」用紙を配り始める。留守であれば郵便ポストに入れられる。これまでは調査員が書く家庭を訪問して回答用紙を回収することが多かったが、最近はインターネットでの回答ができるようになっている。
 スマホやパソコンで回答するには、配られた調査書類に『インターネット回答利用ガイド』があり、回答するアクセスすサイトと「ログインID」と「アクセスキー」が掲載されている。
 調査項目は名前、性別、誕生年月、国籍、就業状態、仕事の種類、仕事場での地位、通勤・通学地、利用交通、世帯員の数、住居の種類など全16問。
インターネットでの回答は9月14日から10月14日までに、調査票(紙)では郵送で10月1日から10月7日までに回答。調査対象世帯数は5,300万世帯、約1億2,700万人
 国勢調査は第1回調査は1920(大正9)年に行われ、今回の調査は21回目に当たり、100年目の調査になる。
 「としまの統計」によると、豊島区の人口は3回目の1930(昭和5)年には236,701人で、1945(昭和20)年149,597人、東京オリンピックの翌年の1965(昭和40)年には373,126人で、その後は人口減が続き1995年には249,017人になった。その後人口増に転じ、2015年には291,167人となった。今回はどうなるのだろう、2020年8月の住民登録数によると288,724人となっている。
■国勢調査2020総合サイト https://www.kokusei2020.go.jp/
■としまの統計 http://www.city.toshima.lg.jp/kuse/gaiyo/jinko/toke-02/index.html
 
 (C) 2004-2020 いけぶくろねっと  All rights reserved
いけぶくろねっと
書店アニメ
CDshop楽器屋
映画館劇場
ライブハウス
学びリンク
スポーツ用品
 ボーリング場
美術館・博物館
図書館
学校リンク集
大学
NPO・ボランティア
交通機関
天気予報
豊島区選挙データ
豊島区議
豊島区の外国人
デパート・大型店
豊島の名品・名産
ホテル・旅館
貸し会議室
100円shop金券shop cat-cafe
PCSHOP
 囲碁・将棋
新聞都内版
池袋関連書籍
みらい館大明
 pc-講座
池袋ブログ
E-mail
イベント ビデオ 52回ふくろまつり(2019) 縁  リンク
2019 秋祭りNew
2019 池袋演劇祭
いけぶくろねっとについて 池袋西口エスニックマップ
Web www.ikebukuro-net.jp

池袋情報
   2020年 10月

バックナンバー
2002年9月~
Ikebukuro Guide
 池袋関連本
とっぴい 豊島の選択